ChromiumのComponent 設定で“Text Match”より改行・空白を含む文字列を検索する場合の注意事項

フォローする

事象

ChromiumのComponent 設定で“Text Match”を用いて改行・空白を含む文字列を検索する場合は、
「\n」や「\s」を指定してください。

 ※「\n」は改行、「\s」は空白の正規表現パターンです。

エレメントツリー情報に改行・空白を含む文字列を「.*」で検索した場合、Chromiumのレコーダビュー上では要素として認識されます。
しかし、ステップを実行すると、改行・空白を認識できず、Location Foundがタイムアウトします。

Location Foundがタイムアウトする具体例を示します。

具体例

エレメントツリー情報に改行・空白を含む文字列”電話番号”を検索する。

mceclip3.png

・ Text Matchに「.*電話番号.*」を指定する 
mceclip4.png

レコーダビューでは、オレンジ色で囲まれて要素として認識されます。
mceclip5.png

しかし、ステップを実行すると、改行・空白を認識できず、Location Foundがタイムアウトします。
mceclip6.png

原因

DSのレコーダービューで使用されている正規表現エンジンと、
ステップの実行時に使用されている正規表現エンジンの違いにより事象が発生します。

対処方法

・Text Match に改行・空白を含む文字列を検索する場合は、「\n」や「\s」を指定してください。
 ※
正規表現の具体的な指定方法についてはサポート対象外です。
 mceclip7.png

・11.1より、ステップ実行時もDSのレコーダビューで使用されている正規表現と同じ動作と
 なるように改善されています。

   11.1.0.4へのバージョンアップをご検討ください。

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.7.0.4、10.4 1453449 11.1.0.4

 

参考
DAのComponentを部分一致で指定する方法
DAのcomponent設定で属性値に含まれる文字列の一部を使用する方法

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。