DAで拡大率が変更されたInternet Explorerのツリーを読み込むと、拡大率が100%に戻る

フォローする

概要

10.4以降のDAで、拡大率が変更されたInternet Explorerのツリーを読み込むと、拡大率が自動的に100%に戻ります。

この機能は、前バージョンで拡大率を100%以外に設定していることが原因でツリーの解析結果が不正確になることがあったため、正確な情報を維持するために追加された機能です。

 

具体例

IEの拡大率を200%に変更

​​

DAステップを開き、ツリーを読み込むとIEの拡大率が自動的に100%となります。

IEの拡大率を再度確認すると自動的に100%に戻っています。

​​​​

 

注意事項

本機能は、Internet Explorerに対して、Tree ModeのWindowsを設定し、「Internet Explorer」のチェックをオフにすると無効化されます。

また、上記の設定をした場合、設定前と設定後でツリーの解析結果も変更されます。

※ツリーモードの変更に関しましては、10.3.0.xの新機能紹介と利用ガイドをご確認ください。

参考ナレッジ:10.3.0.x 新機能紹介と利用ガイド

 

区分 確認Ver
仕様 10.4.0.4,10.7.0.4

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。