v11.1 複数のクラスタを利用する環境で、同時にRSを起動すると、MCがRSを認識できなくなる

フォローする

事象

複数のクラスタを利用するv11.1環境で、同時にRSを起動すると、MCがRSを認識できなくなり
スケジュールからロボットの実行に失敗し、「No Runs(実行がありません)」が記録される障害が
発生します。

具体例

(ケース1)MCのクラスタからRSが消えて、以降のスケジュールがNo Runsになる
mceclip0.png

(ケース2)MCのクラスタ上ではRSがOnlineとなっているが、スケジュールがNo Runsになる

mceclip1.png

スケジュール実行(No Runs)
mceclip5.png

原因

本不具合は内部処理におけるタイミング依存の問題です。
MCでは、定期的にRSが起動/停止しているかの状態確認を実施しています。
この状態確認処理は、以下1.もしくは2.を起点に10分間隔でおこなわれます。

1.RSの起動時刻
2.RSが起動状態で、MCを再起動した場合はMC起動時刻

しかし、このRSの状態確認処理で競合が発生してしまった場合、MCがRSを認識できなくなります。

発生条件

以下の条件を満たした場合に、タイミングによって本不具合が発生します。
・ 2つ以上のクラスタにRSが登録されている
・異なるクラスタに登録されているRSを同時に起動する
    または
    異なるクラスタに登録されているRSを複数起動した状態で、MCを再起動する

対処方法

以下のいずれかの回避をご検討ください。
(1)MCのクラスタを1つにする
(2)MCのクラスタが2つ以上存在し、異なるクラスタにRSが登録されている場合
   ・MCを起動してから、RSを1台ずつ起動する
    (1台目のRSがオンラインになっていることを確認した後、次のRSを起動する)
   ・MC停止時はRSを停止する

本不具合が発生した際は、MCとRSを停止してから、MC起動後にRSを1台ずつ起動し、
回復をお願いいたします。

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 11.1.0.4 1622157  

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。