10.4にて「Break(ブレーク)」ステップや「Continue(続行)」ステップをDAフローに追加する際の注意点

フォローする

概要

「Break(ブレーク)」ステップや「Continue(続行)」ステップは、「Loop(ループ)」ステップまたは「For Each Loop(繰り返しループ)」ステップ内でのみ使用します。

しかし、10.4までのバージョンのDesktop Automation(DA)では、「Break(ブレーク)」ステップや「Continue(続行)」ステップ(ループステップ内でのみ使用可能なステップ)が、「Loop(ループ)」ステップ、または「For Each Loop(繰り返しループ)」ステップ外でも、ステップメニューに表示されるようになっています。

mceclip0.png

ユーザー ガイドより抜粋

ブレーク ステップ

このステップを使用して、 ループ ステップを終了できます。ループ ステップ内でのみ使用する必要があります。1 つのループ内で複数のブレーク ステップを使うことができます。

 

続行ステップ

このステップでは、ループステップで次のイテレーションにスキップできます。ループ ステップ内でのみ使用する必要があります。

※10.7以降のバージョンでの、「Break(ブレーク)」ステップや「Continue(続行)」ステップは、「Loop(ループ)」ステップまたは「For Each Loop(繰り返しループ)」ステップ内でのみ、ステップメニューに表示されるように変更されました。

注意事項

ループ外で追加した場合には、下図のようなメッセージが表示されます。

作業手順

ループステップ内で追加してください。

mceclip1.png

参考

STEP ACTIONの使い方(Device Automation)

区分 確認Ver
手順 10.4

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。