テキスト内の特定の単語の個数をカウントする方法

フォローする

概要

DSのエクスプレッションで使用できるテキスト関連の関数について、具体的な使用例を紹介します。

使用例

 length関数とreplaceText関数を組み合わせて、テキスト内の特定の単語の個数をカウントする方法

前提

  •  使用する変数 ※()内は変数名
    • LongText型変数(longtext)         :テキスト全文を格納
    • ShortText型変数(カウントする文字列):カウント対象の文字列を格納
    • Integer型変数(文字数)            :カウント対象の文字列の文字数を格納
    • Integer型変数(個数)                     :カウントした個数を格納

作業手順

 ■「変数の変換(Convert Variables)」ステップの設定

  1. [変換]の設定を追加します。
  2. 「エクスプレッションを評価」のコンバータを追加します。エクスプレッションを以下のとおり設定し、カウント対象の文字列の文字数を出力します。
    length(カウントする文字列)
  3. 2つ目の[変換]の設定を追加し、「エクスプレッションを評価」のコンバータを作成します。エクスプレッションを以下のとおり設定し、テキスト内にある対象文字列の個数をカウントします。

    (length(longText)-length(replaceText(longText,カウントする文字列,"")))/文字数

▼実行結果
変数[longtext]のテキスト文中にある「東証2部」という文字列の個数がカウントされています。

参考

区分 確認Ver
逆引き 10.4.0.2

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。