「デスクトップ オートメーション(Desktop Automation)」ステップ

フォローする

【ステップの効果】

  • デスクトップ オートメーション(DA)、Local Desktop Automation(Local DA)、ChromiumやBuilt-in-Excelを利用することができます。

 

【使用方法】

  1. ロボットのデザインモードを「スマート再実行(フル)」、プラウザエンジンはデフォルト (WebKit)とします。
    mceclip2.png

  2. 「アクションステップ」を作成します。

  3. 「アクションを選択」>「Desktop Automation」を選択します。


  4. DSからDAステップへ変数の値を渡す場合は、「入力値」に変数を指定します。
    ​​

  5. DAステップからDSへ変数の値を受け取る場合は、「出力マッピング」に変数を指定します。

  6. 「必要なデバイス」にDA端末を指定します。
    ※ChromiumやBuilt-in-Excelのご利用の際は「必要なデバイス」の設定は不要です。
    ​​
    ※デバイスを追加するためには、事前にオートメーションデバイスマッピングを設定しておく必要があります。詳細は次のナレッジを参照してください。
    DAの参照方法と設定(スタティックリファレンス・ダイナミックリファレンス)
    Local Desktop Automationの機能と設定方法について

  7. アクションタブの「編集」をクリックします。

    ※ステップビューの編集ボタンからクリックします。
    赤い「!」マークについては以下を参考してください。
    「Device Automation(Desktop Automation)ワークフローが定義されていません」とエラーが出た際の対応方法
  8. Desktop Automation エディター画面が表示されます。
    ※DAの場合はレコーダービュー(左下)にDA端末の画面(Program Manager、Taskbarや起動中のアプリケーション)がそれぞれタブに分かれて表示されます。DA端末の画面が表示されない場合は、DAS(Desktop Automation Service)の再起動及びDSを更新してください。

    ※ChromiumやBuilt-in-Excelの場合は、レコーダービューは灰色です。

 

【設定項目】

 

 ①「入力値」:
   DSからDAへ変数の値を渡す際に、変数を指定します。
 ②「出力マッピング」:
   DAからDSへ変数の値を受け取る際に、変数を指定します。
 ③「必要なデバイス」:
   DAを利用する場合に、DA端末を指定します。

 ※DSとDAステップ間の変数の受け渡しについては、下記を参考にしてください。
 ・DSからDAに値を渡す
 ・DAからDSに値を渡す

 

【注意点】

 

【関連情報】



※この記事は2021年2月24日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。