RoboServer Settingsでクライアント証明書のデフォルトチェックが外れなくなった場合の対処

フォローする

概要

次のような場合での対処法について、本ナレッジでは解説いたします。

・RoboServer Settings で、HTTPSクライアント証明書の「デフォルト」チェックを外して設定しても、
  再度RoboServer Settingsを起動すると、「デフォルト」にチェックがついた状態に戻ってしまう。

注意事項

意図せぬ問題の発生を防ぐため、製品プロセス停止後に作業を行ってください。

作業手順

次の定義ファイルを編集する事で、デフォルトチェックを外すことが出来ます。

■対象ファイル
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Kapow\<バージョン>\Configuration\roboserver.settings

■編集部分

# Internal Id of the default client certificate. This should not be edited by hand.

defaultClientCertificateID = <値>

上記パラメタ2行を削除し、定義ファイルを保存してください。

参考

「HTTPS証明書を検証(Verify HTTPS Certificates)」が有効にならない

区分 確認Ver
手順 10.3.0.4

 

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。