NullReferenceExceptionが発生してDASが起動しない

フォローする

概要

DAS起動時に以下のエラーダイアログが表示され、DASが起動しない場合があります。

エラーメッセージ

エラーダイアログ
figure1.png

エラーメッセージ

アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。「続行」をクリックすると、アプリケーションはこのエラーを無視し、続行しようとします。
「終了」をクリックすると、アプリケーションは直ちに終了します。
オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。

詳細欄

Just-In-Time (JIT) デバッグを呼び出すための詳細については、
ダイアログ ボックスではなく、このメッセージの最後を参照してください。

************** 例外テキスト **************
System.NullReferenceException: オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。
  場所 DeviceAutomationServiceControl.CustomApplicationContext.UpdateState(Object state)

<後略>

 

原因

DASの設定内容が保存されているserver.confファイルの内容に不備があり、
正常に読み込まれず起動できていない可能性があります。

対処方法

以降の手順を参考にserver.confファイルを初期化してください。

手順

①server.confを退避する
 以下のフォルダに格納されているserver.confを退避してください。
  ※DASを起動することで再作成されます。

<ファイルパス>
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Kapow\<バージョン>\server.conf

※v10.7以降のバージョンは以下のファイルパス
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Kofax RPA\<バージョン>\server.conf

②DASの起動
 スタートメニューなどからDASを起動します。
  ※改善しない場合はこのタイミングでエラーが発生します。

③​設定値の入力
 起動後、DASの設定画面が表示されます。
 server.confファイルを退避したことで設定が初期化されていますので、
 各種設定を再入力後、DASを起動してください。

figure2.png

注意事項

v10.7以降の場合、前述のエラーメッセージ欄に記載のダイアログが表示されません。
もし、v10.7以降のバージョンにてDASが起動しない場合、
OSのイベントログ(Application)を確認してください。
DesktopAutomationServiceControl.exeに対してイベントID 1026 のエラーが出力されている場合があります。
出力されていた場合は前述の対処方法をお試しください。

イベントID 1026 エラー例
figure3.png

メッセージ例

アプリケーション:DesktopAutomationServiceControl.exe
フレームワークのバージョン:v4.0.30319
説明: ハンドルされない例外のため、プロセスが中止されました。
例外情報:System.NullReferenceException
  場所 DesktopAutomationServiceControl.DesktopAutomationService..ctor(DesktopAutomationServiceControl.LogFile, DesktopAutomationServiceControl.LockScreen, System.String, System.String, DesktopAutomationServiceControl.ConfigFile)
  場所 DesktopAutomationServiceControl.Program.Main()

 

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.2、10.3、10.4、10.7

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。