DA端末で表示スケールを100%以外に設定している場合、オブジェクトが正しく認識されないことがある

フォローする

概要

DA端末を使用する際に、表示スケールを100%以外に設定していると、オブジェクトが正しく認識されず、DAを使用するロボットの予期しない動作につながる場合があります。

以下は、 メモ帳のメニューバー内の[ファイル]にフォーカスを当てた場合の比較例です。

・等倍(100%)設定

・拡大(125%)設定

対処方法

・DA端末の表示スケールを100%にする

 表示スケールは、下記より設定を確認/変更いただけます。
 ・Windows7 :[コントロールパネル] → [デスクトップのカスタマイズ] → [ディスプレイ] 、
 ・Windows10:[設定] → [システム] → [ディスプレイ] → [テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する]

注意事項

 ディスプレイの表示スケールのほかにも、各アプリケーションの表示設定によって、
 オブジェクトが正しく認識されなくなる場合がありますので、ご留意ください。

参考

DAでVMwareを使用する際の注意事項

DAにてWebページの画面上の認識とタグの認識がズレてしまう

LockScreen実施前後に、DA画面の表示サイズが変わってしまう場合の確認先

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.4.0.4



コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。