「Set Clipboard」ステップを使った変数のペーストで古い変数が電卓に入力される

フォローする

事象

不具合により、「Set Clipboard」ステップを使いDA端末で変数をペーストする処理を繰り替えす場合、2回目以降の処理で1回目の変数が電卓にペーストされます。

具体例

事象が発生する具体的な処理例を以下に示します。

1.変数Aに「1」を設定
2.変数Aを「Set Clipboard」ステップでDA端末のクリップボードへ設定
3.「Press Key」ステップでクリップボードの値をメモ帳と電卓へ貼り付け
4.メモ張と電卓に変数Aに設定されていた「1」が貼り付けられる
5.処理を繰り返し、変数Aに「2」を設定
6.変数Aを「Set Clipboard」ステップでDA端末のクリップボードへ設定
7.「Press Key」ステップでクリップボードの値をメモ帳と電卓へ貼り付け
8.メモ張には変数Aに設定されていた「2」が貼り付けられ、電卓には古い変数の「1」が貼り付けられる

発生条件

以下条件を共に満たす場合に発生します。
・発生バージョンに該当するバージョンを使用する
・2回目以降の「Set Clipboard」ステップで電卓に変数をペーストする

対処方法

修正バージョンをご使用下さい。

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.3.0.x 1184841 10.4.0.x

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。