デバイスマッピング方式で冗長化したDA端末の利用順序

フォローする

概要

DA端末をデバイスマッピング方式で冗長化した場合、同じラベルのデバイス内で使用可能な端末を選択し、DAロボットを実行可能です。

この同じラベルのDA端末内で、利用するDA端末に優先順位を設定する事はできません。
確認できている範囲では、MCの「デバイス」タブにデフォルトで表示される順序のデバイスリストを、上から順に検索していると考えられます。

具体例

以下に具体的な設定例と、ロボットで使用するラベル名毎に実行されるDA端末を示します。

【DA端末毎の情報】

  ホスト名 設置されているフロア 使用している部署 DASのラベル設定
DA端末1の情報 DA1 1F 営業(Sales) DA1,Floor1,Sales
DA端末2の情報 DA2 1F 設計(Technical) DA2,Floor1,Technical
DA端末3の情報 DA3 2F 設計(Technical) DA3,Floor2,Technical
DA端末4の情報 DA4 2F 営業(Sales) DA4,Floor2,Sales


MCのデバイス表示順序

  ステータス ラベル
DA端末1の情報 Avalavle DA1,Floor1,Sales
DA端末2の情報 Avalavle DA2,Floor1,Technical
DA端末3の情報 In Use DA3,Floor2,Technical
DA端末4の情報 Avalavle DA4,Floor2,Sales

 

【ロボットの実行例】

・ラベルに「Sales」を指定してロボットを実行した場合
「ステータス:Avalable」でラベルに「Sales」を含むデバイスの内、MCのデバイスリストを上から検索して最初に該当するDA端末1でロボットが実行されます。

・ラベルに「Floor2」を指定してロボットを実行した場合
「ステータス:Avalable」でラベルに「Floor2」を含むデバイスの内、MCのデバイスリストを上から検索して最初に該当するDA端末4でロボットが実行されます。

・ラベルに「Floor1,Technical」を指定してロボットを実行した場合
「ステータス:Avalable」でラベルに「Floor1」と「Technical」を含むデバイスの内、MCのデバイスリストを上から検索して最初に該当するDA端末2でロボットが実行されます。
なお、ロボット実行時のラベルが「Technical,Floor1」の指定でも同じ結果となります。

・ラベルに「Floor2,Technical」を指定してロボットを実行した場合
「ステータス:Avalable」でラベルに「Floor2」と「Technical」を含むデバイスが存在しないため、ロボットの実行は失敗します。

参考

DA端末を冗長化する方法はDA端末の利用状況を確認して接続する端末を選択する方法(DA端末の冗長化)をご確認下さい。

区分 確認Ver
仕様 10.4.0.4



 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。