10.7で「saplgpad.exe」を使用してSAPを起動し、DAで操作すると要素認識できない

フォローする

事象

10.7で「saplgpad.exe」を使用してSAPを起動し、DAで操作すると要素認識できず、操作できません。

原因

10.7より、プロセス名を見てSAPかどうかを検出し、そのプロセス名が「saplogon.exe」であれば、SAP用のツリーを展開するように変更されたことが原因になります。

発生条件

「saplgpad.exe」でSAPを起動する。

対処方法

「saplogon.exe」でSAPを起動する。

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.7.0.4 1574178  

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。