DAを利用し、Outlookアプリケーションのカレンダー画面の各要素が生成されない

フォローする

事象

DA Editorでカレンダー画面の要素を認識できない
※他の機能画面(メール、連絡先など)では該当事象は発生しません。


例えば、「カレンダー」>「新しい予定」アイコンをクリックしようとする場合、カレンダー画面の各要素が生成されていない為、Outlookアプリケーションの画面全体が選択されてしまうことになります。

 

発生条件

DAを利用し、ツリーモードが未設定の場合、Outlookアプリケーションの「カレンダー」画面内の項目を操作する際に発生します。
Outlookアプリケーションにて、カレンダー画面への遷移方法は下記となります。


本事象を確認できたDA端末のその他情報は下記となります。
Outlook バージョン:Microsoft Outlook for Office 365 MSO (16.0.12527.21294) 32bit
OS 名称:Microsoft Windows 10 Pro(64bit)
OS バージョン:10.0.18363 build 18363

対処方法

ISAモードを利用することで、本事象を回避することができます。
区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.7.0.4 1570772  

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。