MCをバージョンアップ後、KappletでError in Validationが発生する

フォローする

概要

Tomcat上に構築したMCを10.7.0.4にバージョンアップし、
古いバージョンのMCで収集しておいたバックアップ情報を復元した後に、
Kapplet User権限でKappletを操作しようとすると、
Kappletに関係するロボットやTypeファイルを更新していないにも関わらず、
「Error in Validation」が発生するケースが報告されています。

ただし、Kapplet Administrator権限の場合は、エラーが発生しません。

エラーメッセージ

Error in Validation
If you are not the designer of this Kapplet then contact the Kapplet Designer with a copy of the error message below.
The signatures of 1 or more robots have changed for this Kapplet.To fix the problem delete the listed robots and add them again.
Robots with changed signature:
<ロボット名A>,<ロボット名B>,...
Commit robots with changed signature:


対処方法

実機検証結果より、本事象はバージョンアップ作業にて、
旧バージョンのMC資源をTomcatのWebapps上に残したまま新バージョンのMCを展開する事で発生する事が確認されています。


例:
Tomcat構成の10.4.0.4環境を、10.7.0.4環境へバージョンアップする際、
10.4.0.4のMCが展開されたディレクトリをリネームするなどしてTomcatのWebapps上に残したまま、10.7.0.4のMCを展開させる。
<参考イメージ画像>
※「mc」及び「mc.war」が10.7.0.4の資源で、
 「mc.10404」及び「mc.war.10404」がそれぞれリネームされた10.4.0.4の資源です。



本事象が一度発生した後は、古いMCを削除しても事象は解消しないことが検証にて確認されています。
このため本事象が発生した場合は、構築作業に先述のような問題がないか確認の上、
後述のナレッジ「Tomcat構築環境でのMCバージョンアップ手順」のバージョンアップ手順に従い、
再度DBスキーマの作成とTomcat環境の構築を行ってください。

参考

Tomcat構築環境でのMCバージョンアップ手順
MCでロボットを上書き更新した際のKapplet側への反映について

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.7.0.4

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。