Slackにテキストメッセージを送信する

フォローする



Slackに対して、テキストメッセージを送信します。

前提条件
Slackへのメッセージ送信について、DesignStudioの機能としては存在しておりません。
あくまでも、Slackが提供しているAPIや外部サービスとの連携機構を利用し、送信したい情報を送る方法となります。
よって、本件でご案内する方法は、Slack側のAPIについて利用方法をご存知の方、又は使ったことがある方を対象としております。
また、Slackが持つAPIや連携機構は他社製品となりますので、Slackの設定にて利用できるようにする手順については割愛させて頂きます。
併せて、外部ページの記載情報やソースコードの書き方についても上記同様のため、サポート対象外となります。


【使用するステップ】

  • 「REST Web サービス呼出(Call REST Web Service) 」ステップ

【実装例】

以下、外部サービスとの連携機構である"Incoming Webhooks"というSlackの機能を利用した場合についてご紹介致します。

DS側のステップ設定にてWebhookURLを利用する

例)”処理が完了しました”というテキストをSlackのチャンネルに送信します。

  1. 「REST Web サービス呼出(Call REST Web Service) 」ステップを作成して、以下のように設定します。

    ①「URL」に、"Incoming Webhooks"をSlackで利用出来るように設定した後、取得できるURLを張り付けます。
    ②「リクエスト」を「POST」に変更し、下記のリストには「ローボディを指定」を選択します。
    ③「リクエストボディ」で、Slackに送信したいメッセージを”Incoming Webhooks”の表記方法で記入します。
    mceclip3.png
    「コード内容」
    ※様々な表記方法があるので、あくまでも例となります。
    {
     "blocks": [
          {
           "type": "section",
           "text": {
           "type": "plain_text",
           "text": "処理が完了しました"
               }
          }
          ]
    }

     

  2. 1で作成したステップを実行して、該当チャンネルにメッセージが送信されていることを
    確認します。
    ※例の場合は、以下の様にSlackにテキストが送信されます。
     ここでいう該当チャンネルの選択は、"Incoming Webhooks"の利用設定で決めることなので、
     割愛します。
    mceclip1.png

補足

以下、外部サービスであるSlackのAPIを利用する場合、”引数”と”値”を「REST Web サービス呼出(Call REST Web Service) 」でどのようにして利用するかの例となります。
※APIの"引数"や"値"の使用方法や実際に利用出来るかの有無については、Slack公式サイトでの確認や  Slackへお問い合わせ下さい。外部サイトのリンクは【関連情報】に記載しております。

①「URL」に、SlackのAPIが利用するURLを張り付けます。
②「リクエスト」を「POST」に変更して、下記のリストには「パラメータで指定」を選択します。
③「パラメータ」に、SlackのAPIで利用する入力内容に沿って設定します。
 ※この例では、ファイルアップロードのため、「エンコード」を「Multipart」に変更しております。

入力例
左:「file=image」の設定内容
右:「channels="C01HEBKNF7V"」の設定内容

mceclip1.png

 

【注意点

 

【関連情報】

以下、外部サイトとなります。2021年1月8日時点の情報であるため、記載内容が変更又は存在しなくなっている可能性がありますので、ご了承下さい。

 

※この記事は2021年1月8日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
   そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。