DSにて「Presskey(キープレス)」ステップを利用したスクロールが出来ない場合がある

フォローする

事象

DesignStudioで該当箇所をスクロールする際、「Presskey(キープレス)」ステップで
PageDown(ページダウンキー)やDown(下矢印キー)を指定しても、スクロールすることが
出来ません。

※入力可能な箇所(テキストエリア)のスクロールであれば、「Click(クリック)」ステップと
 組み合わせることで
スクロールは出来ます。


発生条件

Webkitブラウザの場合

  • 以下の様に編集出来ない箇所のスクロールは出来ません。

    例)テーブルの様になっており、PageDownボタンを押下することで下の方が表示される場合


     以下、「Presskey(キープレス)」ステップでPageDownを指定しても、スクロール出来ません。
    ※PageDownの指定方法は、キーコード指定(PageDownは"16777239" )になります。
     キーコードに関しては、以下の外部サイトをご参考下さい。
     サイトにある値をそのまま「押すキー」に設定することで利用出来ます。
     列挙型Qt ::キー



Classicブラウザの場合

  • 「Presskey(キープレス)」ステップで、キーコード操作を利用したステップ実行が
    出来ないためスクロールが出来ません。

    例)Webkitブラウザと同様に「Presskey(キープレス)」ステップでPageDownを指定し、
      実行すると、内部エラーが発生してスクロール出来ません。

 

対処方法

  • Webkitブラウザの場合、「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップを利用して、
    スクロール処理を実装します。

    例)「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップを利用して、”ぶどう”の要素まで
      スクロールする場合


    「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップ実行後、スクロールバーが動いており、
    スクロール出来ていることが確認出来ます。


 

注意事項

  • 対処方法は、Webkitブラウザのみ対応しております。
    Classicブラウザの場合は、「Scroll to(指定タグまでスクロール)」ステップが利用出来ない
    ため、基本的なスクロールの処理に対応することが出来ません。WebkitブラウザかChromium、
    DAの機能をご検討下さい。
  • 「Scroll to(指定タグまでスクロール)」を利用する場合は、スクロール先の情報が
    ”タグの要素”として選択できる場合のみとなります。
  • 本件の例外として、入力可能な箇所(テキストエリア)のスクロールは、”タグの要素”が
    無いため、「Presskey(キープレス)」ステップを利用したスクロールを行うことになります。

    例)入力可能な箇所でスクロールしたい場合  
      
      一回、「Click(クリック)」ステップで、入力可能な状態にします。
      ※以下、”12345....”の情報が”<textarea”のように、”タグ要素”として各々に
       分かれていないことが分かります。
      mceclip1.png 
     ​
      「Presskey(キープレス)」ステップを作成して、実行するとスクロール出来ます。
      

関連情報

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.4、10.7 1550956  



0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。