「部分文字列繰り返し(For Each Text Part)」ステップ

フォローする

 

【ステップの効果】

  • テキストを指定された区切り記号のパターンで分割し、その部分をループして、各イテレーションで選択された変数に次のテキスト部分を割り当てます。

 

【使用方法】

  1. 未定義のステップを挿入し、「ループ」>「部分文字列繰り返し」を選択します。




  2. 「入力値」に分解したい文字列もしくは変数等を設定します。
    「デリミタ」に入力値を区切りたい記号もしくは変数等を設定します。
    「出力値」に「デリミタ」で区切られた値を格納する変数を設定します。


  3. 上記「Short text」の内容で「部分文字列繰り返し」を実行した結果は以下のようになります。

 

【設定項目】

①「入力値」:入力値を設定します。値、変数、エクスプレッション、コンバータから選択可能です。
②「デリミタ」 :区切りたい記号等を記入します。値、変数、エクスプレッション、コンバータから選択可能です。
 ※空白にすると1文字ずつ文字を抽出します。
③「出力値」:デリミタ毎に区切られた値を格納する変数を設定します。
④☑を入れると、値が空の場合にスキップします。

 

【関連情報】



※この記事は2020年12月11日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。