複数のExcelファイルを扱う

フォローする

開きたいファイルの数分Excel変数を作成し、
「ファイル読込(Load File)」ステップと
「変数を開く(Open Variable)」ステップでファイルを開くことで複数のExcelファイルを扱うことができます。
ただし、セル値抽出やセルのコンテンツ設定等ステップの操作対象には現在表示されているウィンドウ(カレントウィンドウ)が自動的に選択されるため、別のウィンドウを指定したい場合はあらかじめ「カレントウィンドウ設定(Set Current Window)」ステップで対象のウィンドウを表示させておく必要があります。


【使用するステップ】

  • 「ファイル読込(Load File)」ステップ
  • 「変数を開く(Open Variable)」ステップ
  • 「セル値抽出(Extract Cell)」ステップ
  • 「カレントウィンドウ設定(Set Current Window)」ステップ
  • 「セルのコンテンツ設定(Set Content of Cell)」ステップ



【実装例】

  • 全体:2つのExcelファイルAとBを開き、ファイルAのセル値をファイルBにコピペしています。



    ◎詳細
    ①:ファイルAをExcel変数「excel」に読み込んでいます。


    ②:ファイルAを読み込んだExcel変数「excel」を開いて中身を表示させています。

    ③:ファイルBをExcel変数「excel2」に読み込んでいます。

    ④:ファイルBを読み込んだExcel変数「excel2」を開いて中身を表示させています。

    ⑤:ファイルA(Excel変数「excel」)をカレントウィンドウに変更しています。
    ※もしファイルB→ファイルAの順番で開いた場合はすでにファイルAがカレントウィンドウになっているため本ステップ(⑤)は不要になります。

    ⑥:ファイルAのSheet1,A1セルの値をShotText変数「セル値」に格納しています。

    ⑦:ファイルB(Excel変数「excel2」)をカレントウィンドウに変更しています。

    ⑧:ファイルBのSheet1,A1セルにShortText変数「セル値」の値を入力しています。



【注意点】

  • 実装例の通り、「セル値抽出」ステップや「セルのコンテンツ設定」ステップ等のセルを操作するステップのファインダー設定にはどのExcelファイルを対象とするかの設定項目はありません。
    よってBizRobo!の仕様としてカレントウィンドウが操作対象になります。
    複数のExcelファイルを開いた状態でセル値の抽出やセルへの入力等する場合は、
    意図した対象を操作するためにカレントウィンドウが何になっているか注意しながらロボットを作成してください。

  • ウィンドウズビュー(Excelファイルの中身が表示されている画面)から右クリックのメニューで上記のセルを操作するステップ等を挿入する場合、
    ファイルを跨いだときは自動でカレントウィンドウステップも挿入されるため、意図してウィンドウを切り替えたい場合を除いて手動で挿入する必要はありません。



【関連情報】


※この記事は2020年10月19日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。