CSVファイルにデータを書き込む

フォローする

 

最初の行にデータを追加する場合と、最終行に追加する場合で異なりますので、詳細は実装例を確認ください。

【使用するステップ】

最初の行にデータを追加する方法

  • 「ファイル読込(Load File)」ステップ
  • 「ソース抽出(Extract Source)」ステップ
  • 「変数の割当(Assign Variable)」ステップ
  • 「ファイル出力(Write File)」ステップ


最後の行にデータを追加する方法

  • 「ファイル読込(Load File)」ステップ
  • 「ソース抽出(Extract Source)」ステップ
  • 「ファイル出力(Write File)」ステップ

 

【実装例】

最初の行にデータを追加する方法

CSVファイルをlongText型の変数に抽出し、「変数の割当(Assign Variable)」ステップで追加したいデータ+longText型の変数(CSVのデータ)とすることで可能です。 
※変数の割当ステップの記述の順番を変えることで最終行に追加することも可能です。

  1. 「ファイル読込(Load File)」ステップでデータを追加したい、CSVファイルをブラウザにロードします。
  2. ステップを進めると、ウィンドウ右下に表示される「アクションを選択」から「ソース抽出」>「新しいシンプルタイプの変数」>LongText(シンプル)を選択します。
  3. 「変数の割当(Assign Variable)」ステップで 追加したい内容(キャプチャではlongText2) + ""(改行) + 2. で抽出したlongText とします。
    ※抽出したlongText+追加したい内容の順番にすることで最終行にデータを追加できます。
  4. 「ファイル出力(Write File)」ステップで 3. で格納した変数を出力します。




最後の行にデータを追加する方法

ファイル出力ステップでCSV形式で値を格納したlongText若しくは、Typeファイルを指定しファイルに追加に☑することで可能です。
 ※3の手順のみlongText型の変数にCSV形式で値を格納したか、Typeファイルを作成したかによって、手順が異なります。

  1. 「ファイル読込(Load File)」ステップでデータを追加したいファイルをブラウザにロードします。
  2. ステップを進めると、ウィンドウ右下に表示されるアクションを選択から「ソース抽出」>「新しいシンプルタイプの変数」>LongText(シンプル)を選択します。
  3. 「ファイル出力(Write File)」ステップの「ファイルコンテンツ」に追加したいデータ(カンマ区切りのもの)を選択します。
    ※Typeファイルを追加したい場合は、「ファイルコンテンツ」をコンバータにし、「CSVに追加」を選択することで変数毎にカンマ区切りのデータに変更されます。
  4. 「ファイルに追加」に☑を入れてステップを実行すると最終行にデータが追加されます。

​​


【注意点】

  • 実装例の「longText2」と「CSV.type」にはあらかじめ初期値を設定しています。

 

【関連情報】



※この記事は2020年10月16日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。