最終列に値を書き込む

フォローする

「列挿入(Insert Columns)」ステップでExcelファイルに列を追加し、
「列のコンテンツ設定(Set Content of Column)」ステップでタイプファイルを指定することで、
最終列に値を書き込むことができます。

【使用するステップ】

  • 「列挿入(Insert Columns)」ステップ
  • 「列のコンテンツ設定(Set Content of Column)」ステップ

【実装例】

  1. 「列挿入(Insert Columns)」ステップで、挿入位置を「最後」にしてください。
    「名前付き範囲として設定」の範囲名は、「自動」にした場合は数字で名前が付けられ、
    「名前付き」にした場合は、任意の名前を付けることができます。
  2. 「列のコンテンツ設定(Set Content of Column)」ステップで、
    ・ファインダータブ>範囲に、「列挿入」ステップで名前付き範囲として設定した範囲を指定します
    ・アクションタブ>変数に、書き込みたいコンプレックスタイプの変数を指定します



【注意点】

  • Excelファイルへの書き込みを行うときには、「Excel変数」を開く必要があります。
  • 繰り返し処理や条件分岐をまたぐ場合は、「グローバル変数」にしてください。
  • 「列のコンテンツ設定」の変数欄は、タイプファイルのみ指定が可能です。
  • 「列挿入」ステップは、反復処理されるグローバル変数では許可されません。
    (KofaxKapowUsersGuide_JA.pdf>リファレンス>Kofax RPA の制限)

    Excel のグローバル変数をループする際には、特定のステップのアクションはループの内側、つまりループステップの後で許可されません。これは動的に強制されます。つまり、ステップが実行されるまでエラーは発生しません。
    次のステップアクションは、ロボットがループ内部でループするグローバル変数での動作を常に拒否します。
    行挿入、列挿入、行除去、列除去、および シート名設定。
  • 「列挿入」ステップをループさせたい場合は、「Excel内ループ」ではなく、「繰り返し(Repeat)」ステップと「イテレーション取得(Get Iteration)」ステップを組み合わせるなどして実装してください。

【関連情報】



※この記事は2020年8月28日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。