セルのシリアル値を抽出する

フォローする

「セル値抽出(Extract Cell)」ステップやデータを変換するコンバータを使うことで、 シリアル値を抽出できます。

※シリアル値
Excelにおいて日付を数値に置き換えたもので、 1900年1月1日を「1」として、
そこからの経過日数を数値化したものです。
(例)1900年1月2日→「2」、 1900年1月3日→「3」...

 

【使用するステップ】

  • 「セル値抽出(Extract Cell)」ステップ
    または、データを変換するコンバータを使用することで任意の日付をシリアル値に変換可能。

【実装例】

セルの書式設定によりシリアル値の抽出方法が異なります。

  1. セルの書式設定が日付形式の場合
    開いているExcelの①を「プレーン値」に変更します。
    日付形式のセルがシリアル値で表示されるので、
    右クリックから「セル値抽出(Extract Cell)」ステップを作成します。

    ​​

    作成したステップにコンバータを設定します。
    ・「数値を抽出」:小数点以下を省略します。


  2. セルの書式設定が日付形式以外の場合
    抽出する対象のセルを右クリックし、「セル値抽出(Extract Cell)」ステップを作成します。
    作成したステップにコンバータを設定します。


    ・「日付抽出」:データの型を日付型(yyyy-MM-dd hh:mm:ss)にします。

    ​​
    ​・「Excelの日付に変換」:シリアル値へ変換します。


    ・「数式の書式設定」:小数点以下を省略します。


【注意点】

  • 「Excelの日付に変換」は変換元のデータの型が
    日付型(yyyy-MM-dd hh:mm:ss)の形になっていないと変換できないため、
    実装例のように「日付抽出」を用いる等して一旦変換可能な形にする必要があります。

【関連情報】



※この記事は2020年12月1日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。