各バージョンのインストールフォルダ

フォローする

概要

バージョンによりインストールフォルダの名称が異なるため、本記事にて説明します。
各ナレッジにて、ご使用のバージョンに該当しない名称のフォルダが記載されている場合は、本ナレッジを参考に適宜読み替えてください。

フォルダ構成

各機能の名称と略称

Design Studio(DS)
RoboServer(RS)
Desktop/Device Automation Service(DAS)
Management Console(MC)

インストールフォルダ

  • DS/RS/MC
    • 10.3以前 
      • C:\Program Files\Kapow [バージョン]x64
      • C:\Program Files (x86)\Kapow [バージョン]x32
    • 10.4以降 
      • C:\Program Files\Kofax RPA [バージョン]x64
      • C:\Program Files (x86)\Kofax RPA [バージョン]x32
  • DAS
    • 10.3以前
      • C:\Program Files (x86)\Kapow DeviceAutomation [バージョン]x32
    • 10.4以降
      • C:\Program Files (x86)\Kofax RPA DesktopAutomation [バージョン]x32

アプリケーションデータフォルダ配下

  • DS/RS/MC/DAS

    • 10.4以前

      • \Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kapow\[バージョン]

    • 10.7以降

      • \Users\{実行ユーザー}\AppData\Local\Kofax RPA\[バージョン]

その他

  • DAS
    • 10.7以降:\ProgramData\Kofax RPA
区分 確認Ver
仕様 10.7.0.4

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。