DAのConnect To Deviceステップでエラーとなる原因

フォローする

概要

すでに接続済みのDA端末に対して、再度その端末に接続すると以下のエラーとなります。
※別のロボットが再接続するか、同じロボットで再接続するかでエラーメッセージが変わります。

エラーメッセージ


Error from the Device Automation action. Exception: DeviceIssue. Failed to connect. Could not connect to Device Automation Service.


Error from the Device Automation action. Exception: DeviceIssue. A device has already been assigned to the mapping

対処方法

Error from the Device Automation action. Exception: DeviceIssue. Failed to connect. Could not connect to Device Automation Service.
すでに接続済みのDA端末に対して、別のロボットがその端末に接続したことが原因と考えられます。
<具体例>
RobotAがConnect To Deviceで接続済みの状態で、RobotBが同じ接続先に対して、Connect To Deviceを実行した時。

「②Error from the Device Automation action. Exception: DeviceIssue. A device has already been assigned to the mapping」
すでに接続済のDA端末に対して、再度、「Connect To Device」したことが原因と考えられます。
<具体例>
RobotAがConnect To Deviceで接続済みの状態で、再度RobotAがConnect To Deviceを実行した時。


注意事項

Connnect To Device step 実行後は、Device Automation Editor を閉じて、Refeshをクリックするまで下記エラーが発生しますので、接続を解除したい時は、DSにてRefreshを実行して下さい。

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.3.0.2
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。