セルに数式を入力する

フォローする


excel型の変数を開き、「セルのコンテンツ設定(Set Contents of Cell)」ステップを実行することで可能です。

 

【使用するステップ】

 

【実装例】

Excel型の変数を「変数を開く(Open Excel)」ステップで開きます。
ExcelのセルC1に「セルA1とB1の値を合計するSUM関数」をセットします。

セルのコンテンツ設定(Set Contents of Cell)は、
下記2通りの方法でステップを追加することができます。

①ウィンドウズビューに表示されているスプレッドシート上で、値を書き込みたいセルを右クリックし、「コンテンツ設定」を選択し、コンテンツにExcel関数を入力します。

②未定義のアクションステップを追加し、

  • ファインダータブ>範囲に、値を入力したいセルのアドレスを指定します
  • アクションタブ>コンテンツに、関数を入力します



【注意点】

  • EXCELに入力するように=を付けて数式を入力してください。
  • DSで使用できるExcel関数には制限があります。詳細は下記のリンクを確認してください。

 

【関連情報】



※この記事は2020年9月2日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。