BizRobo! Launcherのバージョンアップと設定内容のバックアップ方法

フォローする

概要

BizRobo! Launcher(v3.x以降)で設定したスケジュールや設定内容を
Launchar同士のバージョンアップやバックアップとして利用する方法
 

作業手順

1.バージョンアップ手順

 ① バージョンアップ先である「BizRobo! Launcher v3.x.x」の zip ファイルを解凍する。 
 ② 解凍したv3.x.x のフォルダ内にある「conf.ini」と「mini_launcher.db」をコピーし、
   任意のフォルダにバックアップファイルとして保存する。

  例)ファイル名を以下の様に変更して、同一フォルダに保存
               ・conf.ini.bk
               ・mini_launcher.db.bk
    ​

 ③ バージョンアップ元である「BizRobo! Launcher v3.y.y」フォルダ内の
  「conf.ini」と「mini_launcher.db」をコピーし、2で解凍したv3.x.x のフォルダ内に
   ペーストして、元のファイル(「conf.ini」と「mini_launcher.db」)と置き換える。



2.バックアップと上書き手順

 ① 設定内容を保存したいバージョン元(v3.x以降のみ)フォルダ内にある
  「conf.ini」と「mini_launcher.db」をコピーして、任意のフォルダにバックアップとして
   保存する。


 ② バックアップした内容に上書きする場合は、任意のフォルダに保存した
  「conf.ini」と「mini_launcher.db」を元のフォルダにペーストして、
   元のファイル(「conf.ini」と「mini_launcher.db」)と置き換える。
   ※設定内容が上書きされてしまうため、現在の設定についても
    バックアップファイルを取得する。

注意事項

1.v3.2.0 バージョンから、「conf.ini」に以下のパラメータが追加されているため、
  「BizRobo! Launcher v3.X 操作説明書」をご確認の上、必要に応じて「conf.ini」に
   追加する。 


 【パラメータ】 
  ds_waiting_queue_limit 
  デフォルト値:200

 【説明】
  Waiting 状態の最大タスク数(有効範囲 1-500)を設定できる。 

 【追加箇所】
  「conf.ini」 の [design studio] リストに追加する。

  例)200から400に変更
  ds_waiting_queue_limit = 400


2.v2.xからv3.x.xへのバージョンアップは、以下をご参考の上、
  移行作業を行う。
  BizRobo! Launcher スケジュール移行ツール

 

参考

BizRobo! miniとLauncherのインストーラー
BizRobo!Launcherの使用方法
BizRobo! miniとLauncherの対応バージョン
BizRobo! Launcherのカレンダーの設定方法

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。