ChromiumブラウザでWebサイト操作時に内部エラーが発生した際、必要となるHARファイルの取得方法

フォローする

概要

ChromiumブラウザでWebサイトを操作する際、内部エラーが発生する場合があります。
下記手順で通信内容にエラーが無いか、HARファイルとして情報を取得することが出来ます。

※テクニカルサポートでトラブルシュートを行う際にHARファイルのデータ取得をお願いすることがあります。

 

注意事項

1.DS端末に、GoogleChromeのブラウザがインストール済みであること

2.HARファイルの情報には、ログインIDやパスワード情報にCookie情報も含まれるため、
  ご了承下さい。

3.HARファイルを取得するDAロボット以外は、全てのDAロボットを閉じること。
  ※cef.cfgが競合し、該当するロボットの通信情報が取得出来なくなるため
   DesktopAutomation(DeviceAutomation)ステップがあるロボットが
   対象となります

4.DS端末にて、HARファイルを取得するために必要な9222のポートは空けること。

作業手順

1.以下のナレッジを参考に、デバッグツールを有効化する。
  Chromiumブラウザの動作を確認する方法はありますか

抜粋

1.インストールフォルダ\nativelib\hub\windows-x32\数字\node_modules\cef 
  に移動する
2.cef.cfgをデスクトップに移動する
※バックアップを取得する場合は、コピーしておく
  フォルダ内で編集すると変更内容が反映されないため、一旦別のフォルダに     移動させる必要があります
3.chrome:remote-debugging-port = 9222 の行頭 # を削除し、保存
4.編集したcef.cfgをフォルダに戻す
5.ロボットを開いている場合は、一旦閉じてから開く


2.以下の手順にて、Chromiumブラウザの通信状況を
  GoogleChromeから、HARファイルとして取得と保存する。


 Google Chrome側

  ① Design Studioと同じ端末でGoogle Chromeブラウザを開く。
   


 Design Studio(Chromiumブラウザ)側

  ② Design Studioで問題となるロボットのみを表示する。
   


 Google Chrome側

  ③ Google Chromeブラウザー上で chrome://inspect を 読み込む。 
   この時点では、Chromiumブラウザによって通信が発生していないため、
   以下の様に表示されれば事前準備完了。
           


 Design Studio(Chromiumブラウザ)側

  ④ DAステップを編集ボタンで開き、最初のOpenステップを実行する(Chromiumブラウザを起動)
   ※そのままにしておく。

   例)OpenステップのURIに以下を入力して実行
     http://localhost:9222
       
   ​​


 Google Chrome側 

  ⑤ ④の例だと、Google Chromeブラウザ上では以下の様に表示されます。   
    ​​

     ⑥ Google Chromeブラウザに表示された対象のWebサイトにある「inspect」のリンクを
   クリックする。

   
  ⑦ ⑥より、以下の画面が表示されるので、
    Networkタブを選択し、赤丸が点灯していることを確認する。
   


 Design Studio(Chromiumブラウザ)側

  ⑧ DAステップ(Chromiumブラウザ)側で内部エラーが発生したステップも含めて実行する。
   ​​​


 Google Chrome側 

  ⑨ ⑧の実行後、Google Chromeブラウザで開いた画面にて通信情報が取得できたことを確認する。
   ※以下、赤枠に何か表示されていれば通信が発生していたということが分かります。
    逆に何も表示されていない場合は、ネットワークが切断されていたことになるため、
               ご確認下さい。

   ​​


  ⑩ Name列内(オレンジ枠)で右クリックし、[Save as HAR with Content] (赤枠)を選択して、
           ファイルを保存する。

     ※ 任意のファイル名.har して出力する。
   ​​

   


参考

【DAステップ開発時】問題が発生した場合の調査に必要な情報
問い合わせ時に必要な情報とログ
Chromiumライブラリログの出力設定

区分 確認Ver
手順 10.7.0.4

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。