10.7のユーザーズガイドでDA用「.traineddata」ファイルのパスが誤っている

フォローする

 

事象

10.7のユーザーズガイド(UsersGuide)でDAやChromiumのISAで使用するOCR言語の変更方法について説明しておりますが、DA用「.traineddata」ファイルのパスに以下の誤りがあります。
ファイルパスを読み替えて設定をお願いいたします。

<該当ドキュメント>
Kofax RPA ユーザー ガイド
 インテリジェント スクリーン オートメーション (ISA)
  UI 認識言語の変更または追加

<正>

2. ダウンロード済みのトレーニングしたデータ ファイルを適切なフォルダにコピーします。 

• Desktop Automation サービスがインストールされた Windows ベースの自動化されたコンピュー タでは、 

Desktop Automation サービス インストール ディレクトリの DesktopAutomationService \lib\tessdata。例: 

C:\ProgramData\Kofax RPA\{バージョン}\lib\tessdata

<誤>

2. ダウンロード済みのトレーニングしたデータ ファイルを適切なフォルダにコピーします。 

• Desktop Automation サービスがインストールされた Windows ベースの自動化されたコンピュー タでは、 

Desktop Automation サービス インストール ディレクトリの DesktopAutomationService \lib\tessdata。例: 

C:\Program Files (x86)\Kofax RPA DesktopAutomation 10.6.0 x32\DesktopAutomationService\lib\tessdata

 

注意事項

本不具合はバージョンが10.7以降の場合み該当いたします。

 

参考

ISAで使用されるOCR言語の変更、追加方法

 

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
ドキュメント不具合 10.7.0.1,10.7.0.4 1511794  

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。