SendMailアクションで利用できるTLSバージョン

フォローする

概要

SendMailアクションでは、送信時の暗号化方法に以下の選択肢を取ることが出来ます。

<ユーザガイドより抜粋>

・なし 
資格情報および電子メールは、クリア テキストで送信されます。

・TLS
TLS 暗号化が使用されます。
接続後に、STARTTLS コマンドを使用して通信チャネルを TLSにアップグレードします。
これは、SMTP Server に信頼できる証明書がある場合のみ機能します。
Server が自己署名証明書を使用する場合は、keytool ユーティリティを使用して、
これをエクスポートしてから JVM のトラストストアにインポートする必要があります。

・SMTPS
SMTP over SSLクレデンシャルおよびメールの送信に使用する、
セキュリティで保護された通信チャネルを確立します。
これは SMTP サーバーがサポートすることは少ないですが、サーバーの証明書が自己署名であっても機能します。

SendMailで利用されるTLSバージョンは、製品の実装によりTLS 1.0となっています。
このため、メールサーバ側がTLS 1.0に対応していない場合は、次のようなエラーが出力する事があります。

出力メッセージ

2020-08-03 16:19:01,379 ERROR kapow.robot.plugin.common.stepaction.SendEmailStepAction - javax.mail.MessagingException: Could not connect to SMTP host: <メールサーバIP>, port: <ポート番号>;
  nested exception is:
 java.net.SocketException: Connection reset

参考

現状TLS1.2等をSendMailで利用する方法はございません。
今後のバージョンにおいて、TLS1.2等に対応する為のエンハンスが検討されています。

なお、Office 365 でTLS1.1未満の非サポート化が推進されておりますが、
2020/10/16確認時ではSendmailアクションでOutlookアドレスを利用できることを実機確認しております。
外部参考URL:https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/compliance/prepare-tls-1.2-in-office-365?view=o365-worldwide

区分 確認Ver
仕様 10.4.0.2,10.4.0.4

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。