既存のDASをアンインストール後、他のDASが内部エラーを出力する

フォローする

概要

10.7がインストールされた端末で、DASエンジンの自動更新機能を持つDASを
アンインストールする場合、
DASパッケージがある共通フォルダも削除してしまうため、
内部エラーが発生してDASが起動しなくなります。

※共通フォルダ自体を削除しても同様にエラーとなります。

共通フォルダ

 パッケージ保管場所:C:\ProgramData\Kofax RPA


補足
 DASの自動更新対象であるバージョンのDASをインストーラからインストールした際、
 過去バージョンとして利用するためのパッケージも10.7のDASに登録されます。
 ※正規のルートによるパッケージ追加方法と対象となるバージョンは、
  以下のナレッジをご確認下さい。
  DASエンジンの自動更新を利用する方法と注意点

エラーメッセージ

エラーダイアログ(.NET Frameworkのエラーとして出力されます)
 

エラー内容

アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。
[続行]をクリックする と、アプリケーションはこのエラーを無視し、続行しようとします。
[終了]をクリックすると、アプリケーションは直ちに終了します。 
パス"C:¥ProgamCate ¥Kofax RPAの一部が見つかりませんでした。

 

対処方法

以下のいずれかを行ってください。

・ DASエンジンの自動更新機能を持つDASを全てアンインストールして、
 必要なDASを再度インストールする。

・ 10.7のDASインストーラから修復(Repair)を実行する。

※どちらにせよ、設定していた過去バージョンのDASパッケージは削除されてしまうため、
 再度DASの自動更新による設定が必要となります。

 


注意事項

以下の方法でアンインストールする場合に発生するため、
DeviceAutomation(DesktopAutomation)のインストーラからRemoveする場合は、
発生しません。

BizRobo!のアンインストール方法

 

参考

1つのDA端末にバージョン違いのDASを複数インストールした場合の注意事項と対応方法
DASエンジンの自動更新を利用する方法と注意点

区分 確認Ver
トラブルシュート 10.7.0.4

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。