Excelのシートを既存のExcelに挿入する方法

フォローする

概要

Excelのシートを既存のExcelに挿入する方法を紹介させて頂きます。

使用例

挿入元のExcelシートにより、二つのパターンとなります。

パターン1、既存のExcelシートに、新しいシートを挿入します。

パターン2、ExcelAのシートをExcelBに挿入します。
※BizRoboには未実装の機能のため、VBSを使用した例を紹介します。

注意事項

VBSやコマンドの内容に関してはサポート対象外です。お客様責任で作成・実行をお願いします。

 

作業手順

詳細の設計方法について、以下をご参考ください。

■パターン1の設計例

「シート挿入」アクションを利用すれば、実現可能です。

<設計イメージ(例)>


・「シート挿入」アクション

「変数を開く」アクションの直後に、ウィンドウ ビューで表示されるExcelのシート名のところに、右クリックして、「シート挿入」をご選択ください。
要件により、「先頭」、「前へ」、「後へ」、「最後」を選択してください。
​​​


■パターン2の設計例

VBSコマンドを利用して、実現する例となります。
<設計イメージ(例)>


一部アクションの設定方法は以下をご参考ください。

・「VBSファイル作成」アクション

「ファイルエンコーディング」欄:日本語(Shift_JIS)
「ファイルコンテンツ」欄の設定例:

>>On Error Resume Next

Set objExcel = CreateObject("Excel.Application")
objExcel.ScreenUpdating = False    '-- Stop drawing
objExcel.Visible = false '-- Excel非表示
objExcel.DisplayAlerts = False


A1Url = "<<+Params.FileName_Moto+>>" '-- 挿入元のExcelファイル名
A2Url = "<<+Params.FileName_Saki+>>" '-- 挿入先のExcelファイル名

'------------------------------------------------------------------------------
Set objExcel = CreateObject("Excel.Application")
objExcel.ScreenUpdating = False    '-- Stop drawing


objExcel.Visible = false '-- Excel非表示
objExcel.DisplayAlerts = False


Set objWorkBook = objExcel.Workbooks.Open(A1Url)
Set objWorkBook1 = objExcel.Workbooks.Open(A2Url)
Set objWorkSheet = objWorkBook.Sheets(1)    'コピー元のシート対象。例として、一番目のシートを挿入しています。シート名を指定する場合、objWorkBook.Sheets("シート名")で指定してください
Set objWorkSheet1 = objWorkBook1.Sheets(1)  'コピー先のシート対象。上記と同様、シート名の指定が可能です。


objWorkSheet.Copy(objWorkSheet1) '-- シート挿入を実施
'---------------------------------------------------------------------------------------
    objWorkBook1.save
    objExcel.Quit
    Set objExcel = Nothing
    Set objWorkBook = Nothing
    Set objWorkSheet = Nothing
    Set objWorkBook1 = Nothing
    Set objWorkSheet1 = Nothing
WScript.StdOut.Write Err.Description
WScript.Quit Err.Number<<

※Paramsはタイプを参照する変数となります。
例:

その中に、

FileName_VBS:VBSコマンドを確認する一時ファイル

FileName_Moto:挿入元のExcelファイル名

FileName_Saki:挿入先のExcelファイル名

Result_Message:コマンド実行結果のメッセージ内容

Result_ExitCode:コマンド実行結果のコード値

Log_path:コマンド実行ログ



・「VBS実行」アクション
>>cscript //nologo "<< +Params.FileName_VBS +>>"<<

設定例↓



・「エラー有無判断」アクション ※1
設定例↓


・「実行エラー出力」アクション ※1
 VBSコマンドに実行エラーが発生する場合、エラーメッセージ(Params.Result_Message)、エラーコード(Params.Result_ExitCode)をログに出力する。

・「VBSファイルを削除」アクション
 VBSコマンド実行後、一時のVBSファイルを削除する。

※1、以下三つのアクションは必須ではなく、VBSコマンド実行の異常処理となります。
・「トライ」
・「エラー有無判断」
・「実行エラー出力」

 

区分 確認Ver
逆引き 10.3.0.8

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。