マルチバージョンクラスタを利用する方法と注意点

フォローする

概要

マルチバージョンクラスタ(Multi version clusters)
 異なるバージョンのRoboServersを 10.7のMCに関連付けることで、
 古いバージョンのロボットを最も近いバージョンのRoboServerで実行することが可能になりました。
 この機能により、古いロボットを段階的にバージョンアップする場合に役立ちます。
 ただし、Desktop Automation(Device Automation)ステップを利用するDAロボットのみ、
   "easy DAS upgrade"機能を持つバージョンのRSである必要があります。
 以下のナレッジをご参考下さい。

    DASエンジンの自動更新を利用する方法と注意点

 また、デフォルトでマルチバージョンクラスタ環境となります。
 ※10.4に追加された同様の機能を持つハイブリッドクラスタは無くなり、
  マルチバージョンクラスタと
なりました。

 

具体例

  10.3.0.9のDAロボットを、10.7.0.4のMCで実行する場合

 1.10.7.0.4のMCと10.3.0.9のRSを関連付ける。

  ​​


 2.10.3.0.9のロボットを10.7のMCにアップロードする。
  
  ロボットファイルをアップロード
    ​
  

 3.ロボットを実行し、エラーにならないか確認する。
   ※DAロボットの場合は、実行出来るバージョンが限られているためご注意下さい。

   ​
​​ ​


注意事項

 MC上でロボットを実行する場合は、そのロボットのもっとも近いバージョンのRSを使用するため、
 利用するクラスターに関連付いているRSのバージョンにご注意下さい。
 例)10.4.0.4と10.4.0.2のRSがMCのクラスターに関連付いている場合、
   10.4.0.1のDAロボットを上記クラスターで実行した場合、10.4.0.2のRS上で実行されます。  
  

 

参考

RoboServerだけを起動して、別環境のManagement Consoleに接続させる方法

 

 

区分 確認Ver
仕様 10.7.0.4

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。