DASエンジンの自動更新を利用する方法と注意点

フォローする

概要

DASエンジンの自動更新 (Desktop Automation Service の自動更新)
 過去バージョンのDAロボットを10.7以降のMCで実行すると、
 そのロボットのバージョンに合ったパッケージをDASが、RSからダウンロードします。
 ただし、ダウンロード出来るDASパッケージは、"easy DAS upgrade"機能を持つ必要があり、
    "easy DAS upgrade"機能に対応しているバージョンは、10.3.0.9と10.4.0.4以降となります。

 以下の機能と共に利用することになります。

    マルチバージョンクラスタを利用する方法と注意点

 上記機能の制御として、以下があります。

 ロックパッケージ(Lock package)
  ロックパッケージにチェックが付いている場合に有効となります。
  また、チェック有無は以下の違いがあります。

   チェック無し:実行するロボットと同じDASパッケージを自動で選択する。

   チェック有り:DASパッケージの選択を固定出来るようになります。

      チェック有りの利用目的としては、AttendAutomation機能を利用する場合となります。
   ※AttendAutomationについては以下のナレッジをご参考下さい。
    Attended Automation(アテンドオートメーション)の説明

     ※10.7より、DASのアイコンの形が変わりました。
    接続時の鍵マークや起動していない場合はグレーとなる点は変わりません。

     以下、DASが起動状態のアイコンとなります。
      ~10.7より前
             ​  

      10.7以降
            

 

具体例

10.3.0.9のDAロボットを、10.7.0.4のMCで実行する場合

 ※ダイレクトアクセス方式の場合は、1と3のDevice Mapping設定は必要ありません。
  DAの接続方式と設定(ダイレクトアクセス方式・デバイスマッピング方式)

 1.10.7.0.4のMCに10.7.0.4のDASを関連付ける。

​  ​​​

 2.10.7.0.4のMCと10.3.0.9のRSを関連付ける。

  ​​


 3.10.3.0.9のDAロボットを10.7のMCにアップロードし、Device Mappingを設定する
   ※ロボットは実行するRSよりも下位バージョンであること。

  ロボットファイルをアップロード
    ​
  デバイスマッピングの設定
 ​ 

 4.ロボットを実行する。
   ※DA接続出来ることが必須なので、ロボット自体が失敗しても
               パッケージはDASにダウンロードされます。

   ​


 5.10.7のDesktop Automation Service(Device Automation Service)にて
           無事10.3.0.9のパッケージが設定されていることを確認する。

 ​​​ 


注意事項

  • "easy DAS upgrade"が対応しているバージョンは、10.3.0.9と10.4.0.4以降となるため、
     10.1と10.2はDAロボットを利用出来ません。
     対応するバージョンへのバージョンアップが最低限必要となります。
     "easy DAS upgrade"機能については以下のリリースノートをご参照ください。
      10.4.0.X リリースノート
      10.3.0.X リリースノート

  • DASエンジンの自動更新はあくまでも、MCとDASは同じバージョンで、
    RSとロボットは下位バージョンを利用して実行する機能のため、MC上での実行に限定されます。
    ただし、"easy DAS upgrade"機能対応バージョンのDSを、10.7.0.4のDASに接続することで、
    DASのパッケージは設定され、DSとDASが違うバージョンとして検証することが出来てしまうが、
    推奨方法ではないため、ユーザの自己責任となります。 

参考

1つのDA端末にバージョン違いのDASを複数インストールした場合の注意事項と対応方法
Ver.10.7.0.4のMCで「管理」タブ>「デバイス」タブに表示されるDA端末が増え続ける場合がある

区分 確認Ver
仕様 10.7.0.4

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。