日本語版のドキュメントにおける、スケジュール設定の「実行時間制限」と「抽出された値の制限」に関して,機能説明の記載に誤りがある

フォローする

 ■事象

日本語版の公式資料では、スケジュール設定の「実行時間制限」と「抽出された値の制限」に関しての説明が誤っている。
「実行時間制限」又は「抽出された値の制限」の条件に満たす場合、「サービスが停止し」/「サーバーが停止し」と記載しておりますが、基になる英語版の資料では、「the server will stop it(robot)」と記載しております。

該当の設定箇所:Management ConsoleC>スケジュールの編集>詳細

mceclip0.png

<日本語版ヘルプ資料(V10.7.0.4)>
・実行時間制限 ([詳細] タブ)

​スケジュールの各ロボットの最大実行時間を設定します。ロボットがこの期間にわたり実行されると、サービスが停止し、エラーがログに記録されます。デフォルトの値は -1 で、これは時間に制限がないことを示します。


・抽出された値の制限 ([詳細] タブ)

各ロボットが出力できる値の最大数を選択します。ロボットの出力値がこの値を超えると、サーバーが停止し、エラーがログに記録されます。デフォルトの値は -1 で、これは数に制限がないことを示します。


<英語版の公式資料(V10.7.0.4)>
・Execution Time Limit (Advanced tab) 

Set the maximum execution time for each robot in the schedule. When a robot has executed for this period of time, the server will stop it, and an error will be logged. The default value is -1, which means the time is not limited.


・Extracted Values Limit (Advanced tab) 

Select the maximum number of values each robot may output. If the robot outputs more than this number of values, the server will stop it, and an error will be logged. The default value is -1, which means the number is not limited.

 


■対処方法

正しい説明については、以下をご参考ください。

・実行時間制限 ([詳細] タブ)

​スケジュールの各ロボットの最大実行時間を設定します。ロボットがこの期間にわたり実行されると、サーバがそのロボットを停止し、エラーがログに記録されます。デフォルトの値は -1 で、これは時間に制限がないことを示します。


・抽出された値の制限 ([詳細] タブ)

各ロボットが出力できる値の最大数を選択します。ロボットの出力値がこの値を超えると、サーバがそのロボットを停止し、エラーがログに記録されます。デフォルトの値は -1 で、これは数に制限がないことを示します。



ご参考までに、現行の公式資料は下記となります。
・日本語版ヘルプ(記載不正)​
https://docshield.kofax.com/RPA/ja_JA/10.7.0_oc6xl3vcnp/help/kap_help/mgmtconsole/c_schedulesmc.html

・日本語版ユーザーガイド(記載不正)
https://docshield.kofax.com/RPA/ja_JA/10.7.0_oc6xl3vcnp/print/KofaxRPAUsersGuide_JA.pdf

・英語版ユーザーガイド(正しい記載)
https://docshield.kofax.com/RPA/en_US/10.7.0_oc6xl3vcnp/print/KofaxRPAUsersGuide_EN.pdf

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
ドキュメント不具合 10.4.0.2,10.4.0.4,10.7.0.4 1496403  

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。