EUC-JP文字コードにて構築されたWebサイトをWebkitエンジンで表示するとローマ数字が文字化けする

フォローする

plan_all.png

■事象

文字コードがEUC-JPのWebサイトをWebkitエンジンで表示する場合、ローマ数字を含め、一部の記号が文字化けします。

<サンプルWebサイト>
<html>

<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>

<body>
テストデータ
</body>

</html>​
文字化けする例:
テストデータⅡ → テストデータ�

 

原因

Webkitエンジンに組み込んだサードパーティーツール「ICUライブラリ」の不正が原因となっております。
詳細に関しては、現在組み込んだ「ICUライブラリ」のバージョンでは、サポートしているUnicodeの中に、EUC-JPコードの一部記号が対応していないためとなります。
※Linux上のWebKitはシステムに組み込まれたUnicodeを使用している為、この問題は発生しません。

 

■発生条件

DS(Webkitエンジン)で以下のWebサイトを開く際に、ローマ数字が文字化けします。
・文字コードがEUC-JP
・サイト内容にローマ数字が含まれる

 

■対処方法

以下のナレッジを参考に、②~④のいずれかの方法を実施する。

②Classic・Chromium
③DA
④DAのISAモード


<参考ナレッジ>
BizRobo!のWEBブラウザエンジンの使い分けについて知りたい

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.4.0.2、10.4.0.4 1492056  

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。