日本語設定のDSにて、オプション選択ステップのチェック項目の表記が逆の意味になっている

フォローする

plan_all.png

■事象

日本語設定のDesign Studio(DS)において、「大文字小文字の区別を無視」のチェックが逆に機能します。
※「オプション選択」ステップにて、本来の表記:「大文字小文字を区別」と、逆になっているため、逆に機能するように見えます。

  • DS(日本語設定)での実際の挙動
    • 「大文字小文字の区別を無視」にチェックした場合
      大文字と小文字を区別します。
    • 「大文字小文字の区別を無視」にチェックしない場合
      大文字と小文字を区別しません。
  • DS(英語設定)の場合
    ※こちらが正しい表記になります。
    Case Sensitive(大文字と小文字を区別)と表記されており、
    チェックした場合に、大文字と小文字を区別します。


■発生条件

Design Studioを日本語表示設定にした場合

■対処方法

大文字と小文字を区別したい場合は「大文字小文字の区別を無視(Ignore Case)」にチェックし、区別したくない場合はチェックをしないでください。

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.7.0.4 1492505  



0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。