Desktop AutomationのSuspend(サスペンド)状態について説明が無い

フォローする

事象

Desktop AutomationのSuspend(サスペンド)状態について、どのような状態なのか、ヘルプやマニュアルに記載がありません。

Suspend状態のDASアイコン


そのため、以下にSuspend状態について説明を記載します。

Suspend状態は、管理者や人の介入を必要とする何らかの条件により、ロボットがDASを使用できない状態にするために利用します。

Suspend状態になると、この状態の情報はping機構を介してMCに送信され、「管理(Admin)」タブ>「デバイス(Devices)」タブに表示されます。
※同様の方法として、DASをStop(停止)状態にすることでも可能です。
ただし、停止状態はDASの状態がping経由で送信されないため、意図的にDASを停止しているのか、何かの問題で接続出来ない状態なのか、MCから判断することが出来ません。

 

また、下記のいずれかで設定した場合のみ、Suspend状態になります。

・DASのメニューから設定
DASアイコンを右クリック→「Suspend DA service」をクリックする。


・DAの「Remote Device Action」ステップから設定

「Remote Device Action」ステップの「Action」項目で「Suspend」を選択する。

原因

ドキュメント不具合

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
ドキュメント不具合 10.1, 10.2, 10.3, 10.4 1407252  

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。