DASをタスクスケジューラに設定する方法

フォローする

DASはインストール後にデフォルト設定でスタートアップに登録されますが、スタートアップを無効にしてスクスケジューラに設定したい場合に注意する点があります。

タスクスケジューラの「タスクの作成」>「全般」タブ>「セキュリティオプション」項目で以下の設定を行わない場合、アプリケーションの要素が認識出来ないことや、DASと接続出来てもDAエディターには何も表示されず、ステップは進んでもDA端末上では何も表示されない問題が発生します。

1.「ユーザがログオンしているときのみ実行する」を選択する。
2.「最上位の特権で実行する」にチェックを付ける。

blobid0.png


補足
 

デフォルトでは、以下の様にスタートアップに登録されます。 
スタートアップの無効化については『1つのDA端末にバージョン違いのDASを複数インストールした場合の注意事項と対応方法』を参照してください。 

blobid1.png


関連記事 

Lock ScreenとRDP接続の前提条件 
「管理者として実行」により起動されたアプリケーションをDeviceAutomationで操作する方法 
DASの設定情報はログインユーザ毎に違うのでしょうか?それとも端末共通ですか? 

 

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。