「変数の変換(Convert Variables)」ステップ

フォローする

【ステップの効果】

  • 変数に格納された値を変換し、同じ変数もしくは違う変数に格納できます。

 

【使用方法】

以下、「文字列」変数に格納されている”RPA”という文字を、”RPAテクノロジーズ”という文字に変換してから、再度「文字列」変数に格納した例となります。

  1. 「アクションステップ」を作成します。
  2. 「アクションの選択」 > 「変数の割当/変換」 > 「変数の変換」を選択します。
  3. アクションタブにて「+」ボタンを押します。
  4.  「テキストを追加」を選択。​
  5. 「開始」に変換元の変数、「終了」に変換後格納する変数を設定します。
  6. 「追加するテキスト」へ”テクノロジーズ”を入力。
    「追加する場所」は、「入力テキストの後」を選択します。

 

【設定項目】




①変換:変換する内容の追加や削除、変換順番の変更、変換する内容の編集を選択します。
②開始:変換前の変数を選択します。
③コンバータ:②で設定した変数の値について、変換を行います。
       ※変換方法の追加、削除、変換方法の順番を変更、変換方法の編集を選択出来ます。
④終了:変換後の変数を選択します。

【注意点】

以下、利用する際に注意が必要となるナレッジとなります。

【関連情報】



※この記事は2020年12月24日にver10.4.0.2で作成したものです。
※本記事は初心者の方に分かりやすくご説明することを目的としております。
そのため、意図的に厳密な表現を避けている場合がございますのでご了承ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。