DAの「Open」ステップで指定するRDP接続先のURLについて

フォローする

概要

DAにてRDP接続を行う際に「Open」ステップの「URI」項目に入力する接続先URLについては、下記を参考にしてください。

【接続先URLの記入フォーマット】

下記のとおり「URI」項目へ入力してください。

rdp://{ユーザー名}:{パスワード}@{ホスト名またはIPアドレス}?d={ドメイン名}


※実際に入力する際は{}の記号は外してください。
※ドメイン指定を行わない場合は「?d={ドメイン}」の指定は不要です。

<例>ユーザー名が「administrator」、パスワードが「opensesame」、IPアドレスが「192.168.X.X」、ドメイン名が「bizrobo」の場合

rdp://administrator:opensesame@192.168.X.X?d=bizrobo

 

参考

【パラメータを追加する方法】

下記のとおり「URI」項目へ入力することで、パラメータを追加することもできます。

rdp:// {ユーザー名}: {パスワード}@{ホスト名またはIPアドレス}?d={ドメイン}&{パラメータ}={値}

追加可能なパラメータは下記を参考にしてください。
DAでRDP接続する場合、エクスペリエンスのプロパティは設定できない
DSでは問題なく動作するロボットが、MCから実行した場合に特定ステップで必ずエラーとなる。
KOFAX RPAへようこそ>Desktop Automation>Desktop Automation ステップ>ステップ画面を開く


【パスワードをマスキングする方法】

下記記事を参照してください。
RDP接続でOpenステップを使用する際、URI項目のパスワードをマスキングする方法

 

【パスワード等に特殊文字を使用する方法】

下記記事を参照してください。
DAの「Open」ステップにて「URI」項目に特殊文字(:や@や#)を使用する方法

 

【RDP接続に失敗したり動作や画面表示に問題が発生したりする場合】

Lock ScreenとRDP接続の前提条件
「Open」ステップでDA端末にログインできない場合の対処方法
DAEditorの画面が真っ黒になる
Device AutomationでVMwareを使用する際の注意事項

 

区分/確認Ver

手順/10.3.0..7

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。