Hybrid Cluster環境でDAを利用する場合の注意点

フォローする

Hybrid Clusterを利用し、デバイスマッピング方式のDAロボットを実行する場合は、
MC / RS / DAS / ロボットは全て同じバージョンで実行することを推奨します。

※デバイスマッピング方式については
DAの接続方式と設定(ダイレクトアクセス方式・デバイスマッピング方式)』を参照してください。

Hybrid ClusterはMCとは別バージョンのRSを使用する機能のため、MCとDASが別バージョンの場合は、
MCがDASを正しく認識できません。
そのため、デバイスマッピング方式を使用する場合は、MC / RS / DAS / ロボットのバージョンを合わせる必要があります。(ロボットはDAと同じバージョンである必要があり、RSはロボットよりも上位バージョンである必要があるため)

▼デバイスマッピング方式で、MCが別バージョンのDASを認識できていない状態
mceclip0.png

※MCとDASのバージョンに差異があっても接続することは出来るため、MCよりも下位バージョンの
 RS / DAS / ロボットを利用する場合は、お客様責任にて対応をお願いします。

補足

 本記事の内容は、デバイスマッピング方式で実行する場合に限った内容です。
 ダイレクトアクセス方式で実行する場合は、DASはMCと同じバージョンである必要がありませんが、
 環境ごとに検証をおこなった上で利用ください。

参考記事

Ver.10.4のHybrid ClusterでVer.10.2を使用する場合、ログとロボット処理用DBが利用できない
Hybrid Clusterを構成している環境で、ロボットをスケジュール起動できない
10.4.0.X リリースノート

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。