Ver.10.3でタグ名をエスケープする処理が正しく動作しない

フォローする

事象

Ver.10.3で導入されたタグ名をエスケープする処理がC++側に適用されず、一部の種類のファインダーの解析に失敗する事があります。
事例からは、SAPアプリケーションをDAで操作した時、Guardで以下のようなエラーが発生した事を確認しています。

 <エラー>

 Execution has been paused because of an error.
 FinderIssue at step: 'Left Click'.
 Selector syntax error.Unexpected tag at position: 63

回避策

ISAを用いる事で事象の回避に成功していますが、本問題は発生するケースを網羅して確認する事が困難です。
このため、確実な回避策は対策バージョン以降へのバージョンアップとなります。


関連記事

DAのファインダー再利用(Previous)機能におけるエスケープ漏れに伴う FinderIssue エラーの発生
バージョン10.3以降でSAPでClickステップが動作しない場合の対処法

区分 発生Ver 改修ID 修正Ver
不具合 10.3.0.2 1156400 10.3.0.3
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。