RSのバージョンアップ手順

フォローする

概要

以下に既存のRSを同じサーバー上でバージョンアップする手順を示します。

 

注意事項

既存のRSを停止してから手順を実施下さい。

 

作業手順

1.新バージョンのBizRobo! をインストールする。

インストール時に表示される「Choose Setup Type」ダイアログで「Custom」を指定する場合は、「RoboServer」を含めてください。
セットアップの種類による違いは『インストール時のSetup Typeごとの内容』を参照してください。

2.RoboServer Settingsを設定する。

RoboServer SettingsはOSのユーザーごとに設定を保持しているため、RSを実行するOSユーザーで設定を行ってください。
なお、RoboServer Settingsの設定はファイルコピーで移行できないため、旧バージョンの内容を確認しながら、新バージョンを設定してください。

3.クライアント証明書を設定する。(ロボットが証明書を利用している場合)

新バージョンのRSが使用するクライアント証明書を設定してください。
なお、ファイルコピーで移行は行わないでください。
詳細は『BizRobo! で使用するクライアント証明書ファイルの取り扱い』を確認してください。

4.RSを起動させるための設定を行う。( RSをWindowsサービスで起動する場合)

下記の設定を行う際に旧バージョンのRSが起動していると、新バージョンのRSのポートと重複するため、問題が発生します。

Windowsサービスに登録する運用を行っている場合は、新バージョンのRSを登録してください。
手順については『
RoboServerだけを起動して、別環境のManagement Consoleに接続させる方法』を参照してください。
なお、当記事の「手順2」を実施したOSユーザーでWindowsサービスを起動するように設定してください。

※RSをWindowsサービス以外で起動する場合、初期設定ではWrapperのログが出力されず、RSで問題が発生しても原因が分からない場合があります。
そのため、RoboServer.confを開き、Wrapperログを出力するよう設定してください。

RoboServer.confの保管場所や設定方法については『Wrapperプログラムのアラート、エラーログを出力させる』を参照してください。 

5.RoboServer.confを設定する。

旧バージョンのRoboServer.confの設定を、新バージョンのRoboServer.confに反映してください。
設定には『RoboServerに割り当てるJavaヒープ領域の容量を変更する方法』や『Wrapperプログラムによる強制リブートまでの無反応時間を延長させる』などがあります。

6.新バージョンのRSを起動する。

運用方法に合わせて新バージョンのRSを起動してください。

7.新バージョンのDASをインストールする。

DA端末に、新バージョンのRSと同じバージョンのDASをインストールしてください。
DASのバージョンアップについては『バージョンアップ実行サンプル』の手順7にも記載がありますので、参考にしてください。

8.新バージョンのDASを設定する。

旧バージョンのDASの設定内容を確認しながら、新バージョンのDASを設定してください。 
なお、DASの設定はファイルコピーでは移行できません。
 

9.旧バージョンのDASを停止する。

DASの「Configure」>「System」タブから「Shutdown Desktop Automation Service(Shutdown Device Automation Service)」をクリックして停止してください。
 

10.新バージョンのRSの動作確認を行う。

MCの「管理(Admin)」タブ>「RoboServer」で、新バージョンのRSが意図したクラスタ配下に正しく接続されていることを確認し、既存の各ロボットが新バージョンのRSで動作可能か確認してください。

下記は確認する項目の例です。参考にしてください。
 ・コマンドライン実行ステップを含むロボットが実行可能か
 ・クライアント証明書が必要なロボットが実行可能か
 ・DAロボットが実行可能か

<参考記事>
 ・ホスト名で登録したRoboServerが、再起動のタイミングでIPアドレスで再登録される 
 ・MCからの「Execute Command Line(コマンド ライン実行)」ステップの実行でエラーとなる場合の確認事項

11.旧バージョンのRSとDASの自動起動を停止する。

旧バージョンのRSを自動起動していた場合は、自動起動の設定を解除してください。
自動起動の方法は運用方法によって異なります。
Windowsサービスを使用している場合は、Windowsメニューから「サービス」を開き、対象の「スタートアップの種類」を「手動」に変更してください。

また、登録したWindowsサービスを削除する場合は『RoboServerのWindowsサービスを削除する方法』を参照してください。
旧バージョンのDASの自動起動停止については『1つのDA端末にバージョン違いのDASを複数インストールした場合の注意事項と対応方法』を参照し、ショートカットを削除してください。

12.旧バージョンのBizRobo! をアンインストールする。

アンインストール実行前に、新バージョンのRSによる運用で問題が発生しないか確認する期間を設けてください。
なお、運用環境によってはMCやDSなど他の機能も併せてアンインストールされるため、注意してください。
アンインストール方法については『BizRobo! Basicのアンインストール方法』を参照してください。

 

 

区分 確認Ver
手順  

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。