DAでRDP接続する場合、エクスペリエンスのプロパティは設定できない

フォローする

概要

Windowsのリモートデスクトップ接続では、「エクスペリエンス」タブにて許可するプロパティを選択できますが、DAを利用したRDP接続を行う場合は、許可するプロパティを選択することは出来ません。

 

具体例

DAにて設定できるプロパティ(param)と接続速度の種類は下記となります。

プロパティ(param)
・x: RDP5 エクスペリエンス

 

接続速度の種類(value)
 ・m[odem 28.8] :モデム
 ・b[roadband] :ブロードバンド
 ・l[an] or hex nr :LAN

 

下記の箇所で指定します。

■ドメイン指定の場合 

rdp://<username>:<password>@<host>?d=<domain>&<param1>=<value1>


■ドメイン指定でない場合

rdp://<username>:<password>@<hostname>?<param1>=<value1>

 

参考

DA端末とは別の端末にインストールされているアプリケーションを操作する方法
Lock ScreenとRDP接続の前提条件
DAS端末にドメイン指定してRDP接続する際のUser's Guideの指定方法に誤りがある

 

区分 確認Ver
仕様 10.3.0.2

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。