DASのログに「GetFirstChildElement failed」が出力される

フォローする

概要
「GetFirstChildElement failed」 はエレメントツリーの更新などでDASに負荷がかかっている場合に出力され、
エレメントツリーの一部を正しく解析できていない事を示すエラーです。

■エラーメッセージ
出力例

ERROR com.kapowhub.drivers.automationnative32 win32automation.cc:401 win32 GetFirstChildElement failed.
ERROR com.kapowhub.drivers.automationnative win32automation.cc:400 win32 GetFirstChildElement failed.
ERROR com.kapowhub.drivers.automationnative win32automation.cc:401 win32 GetFirstChildElement failed.


なお、類似メッセージとして、次のような出力の場合があります。

ERROR com.kapowhub.drivers.automationnative win32automation.cc:419 win32 GetNextSiblingElement failed. HR: 80040201


これは見つからなかった対象要素の違いにより、
「GetFirstChildElement failed.」と「GetNextSiblingElement failed.」のようなメッセージ差異が発生したものです。
対処法について特に差異はありません。

■対処方法
本エラーは、解析されるアプリケーションの階層要素(Max Siblings)を絞り込み、
負荷を抑えることで回避する事が可能です。
そのため、下記例の様なエラーが出力されている場合は、
DAでのDepth要素とSibling(Children)要素の最大数の確認方法と設定方法』に記載のとおり、
「Max Siblings」を設定し、DAステップで発生している問題が回避されるかどうか確認してください。
その他には『Freeze Tree(ツリーの凍結)を使用したロボット高速化』の活用も候補として挙げられます。
なお、DASのログの確認方法は『DASのログを確認する方法』を参照してください。

区分/確認Ver
トラブルシュート/10.3.0.1

2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。