DAでMicrosoft Active Accessibility(MSAA)を使用して要素の抽出ができない

フォローする

概要

DASはアプリケーションから要素を抽出するためにUIオートメーションを使用していますが、Microsoft Active Accessibility(MSAA)を使用して要素の抽出は対応しておりません。

そのため、MSAAでは要素を認識できるが、UIオートメーションでは要素を認識できないアプリケーションを操作する場合、座標認識やISAを使用する必要があります。

DAにて対象画面が認識可能か確認する方法はMicrosoft Inspect による DAからのオブジェクト認識範囲の確認方法を参照してください。

参考

Device Automation(DA)でfinder(ファインダー)の設定が出来ない

区分 確認Ver
仕様 10.4.0.3

 

 

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。