「メール送信(Send Email)」ステップにて複数のファイルを添付する方法

フォローする

概要

「メール送信(Send Email)」ステップでは指定したファイルを添付する事が可能ですが、複数のファイルを添付したい場合は対象ファイルをZip圧縮し、作成したZipファイルを添付ファイルとして指定することで可能です。

注意事項

Zip圧縮は「コマンドライン実行(Execute Command Line)」ステップを使用してコマンドで圧縮するか、
BizRobo! PORTAL>製品>「アドオンパッケージと補助ツール」にある圧縮・解凍を行う「圧縮解凍モジュール」(Snippet)も利用できます。(BizRobo!PORTALアカウントが必要です)
※コマンドの内容についてはサポート対象外です。

前提

下記は「圧縮解凍モジュール」を利用した手順です。参考にしてください。

作業手順

1. 添付したい複数のファイルを特定のディレクトリにまとめる。
 ▼<例>「test1」、「test2」、「test3」の3つのExcelファイルを添付したい場合
2. BizRobo! PORTAL>製品>サンプルロボットより「圧縮解凍モジュール」をダウンロードする。
3. 手順2でダウンロードした「圧縮解凍モジュール」を解凍する。
「03_7z.」フォルダ以下に「Tools」と「Library」フォルダがあることを確認してください。

4. 手順3の「Tools」フォルダ以下にある「ao_03」フォルダを、{BizRobo!のインストールフォルダ}¥bin配下へコピーする。
 <例>デフォルトのパス
       C:\Program Files\Kapow {バージョン}\bin


 5. 手順3の「Library」フォルダを、メール送信を行うロボットのプロジェクト配下にコピーする。
※DSの「マイ プロジェクト」ビューにてロボットを右クリック>「ファイルの場所を開く」を
 クリックし、表示されたフォルダに「Library」フォルダを格納してください。


格納先ディレクトリに「Library」フォルダを追加すると、「ao03_7z」というSnippet、type、及びデバッグ用ロボットがプロジェクト配下に追加されます。

  6. 「ao03_7z.type」にて、変数「input_item」に添付するファイルの格納先ディレクトリ、「output_item」に出力先およびZipファイル名、必要な場合は「_7z_pw」にパスワードを入力する。

 スニペットの設定は以上です。
 7. 「ao03_7z.Snippet」を、メール送信を行うロボットの任意の場所にコピーする。

スニペット部分を実行すると、出力先に指定したディレクトリへZipファイルが作成されます。

 8. Zipファイル添付用のタイプ(例:test.type)にて、属性の種類がBinaryの変数を作成する。

 9. メール送信を行うロボットにて、変数ビューの「+」ボタンから手順8の変数を設定する。

 10.スニペットの後に「ファイル読込(Load File)」ステップを追加する。

 11.「ファイル名」項目に、Zipファイルのファイルパスを入力する。
 12. 「出力値」項目にて「変数に抽出」を選択し「変数」項目にて手順8にて作成した変数を選択する。

 13. 「メール送信(Send Email)」ステップを追加する。

 14. 「アクション」タブ内の「添付ファイル」タブにて、「添付ファイルを含める」項目に
  チェックする。
 15. 「コンテンツ」項目にて「変数」を選択し、手順8にて作成した変数を選択する。
 16. 「コンテンツ タイプ」項目にて「バイナリ」を選択する。
 17. 「ファイル名」項目にて任意のファイル名を入力する。

参考

Design Studioにて「メール送信(Send Email)」ステップを使用しファイルを添付する
DSの「メール送信(Send Email)」ステップの設定方法

区分 確認Ver
手順 10.4.0.2

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。