日付計算を行うサンプルロボット

フォローする

DSでは、コンバータのデータ変換機能を使用して、日付の変換を行うことが可能です。

BizRobo! ポータルの製品>BizRobo! Basic>サンプルロボットに日付処理を行うロボットがあります。

※サンプルロボのご利用にはBizRobo! PORTALのアカウントが必要です。詳しくはこちらを参照してください。

 

サンプルロボットの中では、現在のシステム時刻を基に、下記をそれぞれ算出しています。

  • 表示形式をYYYYMMDDへ変更
  • 表示形式をYYYYMMDD日へ変更
  • 昨日
  • 明日
  • 1週間後
  • 1ヵ月後
  • N年後(Nは変数として指定)
  • 2020東京オリンピック開催までの日数

mceclip1.png

日付書式は、タイプがDate型の場合は必ず「YYYY-MM-DD hh-mm-SS」の形式です。

まずは変数をDate型で保存し、ステップのコンバータで「日付の書式設定(Format Date Configuration)」を選択し「フォーマットパターン(Format Pattern)」項目にて表示形式変更し、ShortText型の変数に格納してください。

 

注意点

1.Date型(YYYY-MM-DD hh-mm-SS)でないと日付処理を行えないので、目的の日付を算出後に日付書式の変更を行ってください。

 2.日付書式のフォーマットパターンを、直接入力する場合は、月「M」は大文字、日付「d」は小文字で入力してください。

 3.書式変更を行った後の値は”Date型変数”へは格納できませんので、ShortText型変数などへ格納してください。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。