Tomcat構築環境でのMCバージョンアップ手順

フォローする

Tomcat構築環境でのMCのバージョンアップ手順を説明します。
※Ver.10.4.0.1からVer.10.4.0.2へのバージョンアップで説明します。
※バージョンアップ作業前に『バージョンアップ時の注意事項』をご一読ください。

なお、本記事内で「Windows用Tomcat構築作業手順書」を参照するため、
事前にこちらよりダウンロードをお願いします。

 

①旧バージョンのバックアップ取得

1.MCの「管理(Admin)」タブ>「バックアップ(Backup)」タブで「バックアップの作成(Create Backup)」をクリックする。(「バックアップの作成(Create Backup)」ダイアログが表示される)

2.「バックアップの作成(Create Backup)」ボタンをクリックする。
(クリックしてダウンロード(Click to download)」が表示される)

3.「クリックしてダウンロード(Click to download)」をクリックする。

mceclip0.png

 

②新バージョンのダウンロード/インストール

1. BizRobo! ポータル より対象バージョンをダウンロードする。

2. ダウンロードしたファイルからBizRobo! をインストールする。
(参考:Windows用Tomcat構築作業手順書「2. ソフトウェアインストール(MC)」)

 

③BizRobo! 停止 ★TomcatとRoboServerのサービス停止

1.PCのスタートメニューより「Windows管理ツール」>「サービス」>「RoboServer」で右クリック→停止をクリックする。

mceclip1.png

2. 「サービス」>「Apache Tomcat{バージョン}」で右クリック→停止をクリックする。

mceclip2.png

 

④新バージョン用のDB(スキーマ)を作成

※MySQLを例に説明します。
1.コマンドプロンプトを管理者として実行し、MySQLにログインする。
     1.「cd "\Program Files\MySQL\MySQL Server {version}\bin"」を入力してEnterキーを押下する。

mceclip3.png

 2.「mysql -u {username} –p」を入力してEnterキーを押下する。

 3.パスワードを入力してEnterキーを押下する。

mceclip4.png

2.MCの各種管理データ保存用のDB(リポジトリDB)を作成する。

     1. 「CREATE DATABASE BASICROBO_MC10402 COLLATE utf8_bin;」」を入力してEnterを押下する。

mceclip5.png

3.ロボットの実行ログ保存用のDB(ログDB)を作成する。

     1.「 CREATE DATABASE ROBOLOG_MC10402 COLLATE utf8_bin; 」を入力してEnterキーを押下する。

mceclip6.png

※作成されているか確認する場合は下記コマンドを実施する。
「SHOW DATABASES;」

mceclip7.png

 

⑤設定ファイルの作成

(参考:Windows用Tomcat構築作業手順書「 8.設定ファイルの作成」)
※ここではファイル名を「mc10402.xml」として作成しています。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<Context useHttpOnly="true" mapperContextRootRedirectEnabled="true">
<!-- Default set of monitored resources -->
<WatchedResource>WEB-INF/web.xml</WatchedResource>
<Resource name="jdbc/kapow/platform" auth="Container" type="javax.sql.DataSource"
maxTotal="100" maxIdle="30" maxWaitMillis="-1"
username="BasicRoboUser" password="※※※※※"
driverClassName="com.mysql.jdbc.Driver"
validationQuery="/* ping */" testOnBorrow="true"
url="jdbc:mysql://{DBサーバホスト名orIPアドレス}:{DB接続ポート番号}/{リポジトリDB名}?useUnicode=yes&amp;characterEncoding=UTF-8&amp;useSSL=false&amp;useCursorFetch=true&amp;defaultFetchSize=1000"/>
</Context>

mceclip8.png

※元バージョンの「mc.xml」を流用する場合は、リポジトリDBの名称を④-2で作成したDB(スキーマ)名に変更してください。

 

⑥設定ファイル設置・warファイル展開

 (参考:Windows用Tomcat構築作業手順書「 9.設定ファイル設置・mc.warを展開」)
1.「mc10402.xml」ファイルを配置する。

     1.「mc10402.xml」を下記のフォルダに配置する。
      C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.5\conf\Catalina\localhost

mceclip0.png

2.「mc10402.war」ファイルを配置する。

     1. 下記フォルダの「ManagementConsole.war」ファイルをコピーする。
      C:\Program Files\Kofax RPA{バージョン} \WebApps

     2. 「ManagementConsole.war」ファイルをデスクトップにペーストして、ファイル名を
        「mc10402.war」に変更する。
         (⑤で作成した「.xml」ファイルと連動するため、ドットの前は揃えること)

     3. 「mc10402.war」ファイルを下記フォルダにペーストする。
      C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.5\webapps

3.WindowsサービスでTomcatを起動する。
※Tomcat起動後に「mc10402.war」ファイルが展開されます。
(完全に展開されるまで2分ほど待機してください。)

mceclip1.png

 

⑦MCライセンス登録

1.MCにアクセスしてライセンス情報を入力する。
<URL例> http://localhost:8080/mc10402
usernameとpasswordは下記になります。
username: admin
password: admin

 

⑧バックアップの復元(①-1で取得したバックアップファイルを復元)

1.MCの「管理(Admin)」タブ>「バックアップ(Backup)」タブで「バックアップの復元(Restore Backup)」をクリックする。(「バックアップの復元(Restore Backup)」ダイアログが表示される)

2.「バックアップファイル(Backup File)」項目にファイルを指定する。

3.「復元(Restore)」ボタンをクリックする。

mceclip2.png
スーパーユーザー(SuperUser)のUsername/Passについて
ログアウト後はバックアップ取得時のusernameとpasswordとなります。

 

⑨MCログ設定

1.「管理(Admin)」タブ>「設定(Settings)」タブ>「RoboServer ログデータベース(RoboServer Log Database)」を新しく作成したスキーマに設定(④ - 3で作成したスキーマを指定)する。

※本記事では「管理(Admin)」>「RoboServer」>「クラスタ設定(Cluster Settings)」に設定する
スキーマは作成していないため、旧バージョンで使用していたスキーマを継続して使用します。

mceclip3.png

 

⑩RoboServerの設定とサービス登録

※Windows用Tomcat構築作業手順書「17. RoboServer設定」と同内容の為、Windows用Tomcat構築作業手順書を参照してください。

 

⑪DASの設定

1.DA端末に新しいバージョンのDASをインストールして、設定を行う。

 

⑫旧バージョンのファイル・システムを削除

バージョンアップ後に動作確認を行い、旧バージョンの不要なファイルやシステムを削除する。
・RoboServerのWindowsサービスを削除
RoboServerのWindowsサービスを削除する方法

DB(スキーマ)の削除

・旧MC/RS/DSのアンインストール
インストーラを実行して、「Remove」よりアンインストール
もしくは、[プログラムの追加と削除]よりアンインストール

・DASのアンインストール
インストーラを実行して、「Remove」よりアンインストール
もしくは、[プログラムの追加と削除]よりアンインストール

mceclip4.png

・warファイルとwarファイル展開後のフォルダ
旧バージョンのコンテキスト.xmlファイル(例:mc.xml)の削除

 

注意事項

本記事の手順でバージョンアップを行った場合、MCのURLがバージョン毎に変わります。
URLを1つに固定したい場合は『Tomcat構築環境でのBizRobo! のバージョンアップ後にMCのURLを統一させる方法』を参照してください。

 

参考記事

MCを開こうとすると”Application Failed to start” が表示される(Tomcat環境構築時)

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。