Active Directory と Management Console との連携手順

フォローする

 Management Console(MC) への認証をActive Directory を用いて実施する際の設定方法(LDAP認証)について解説した文書とパスワード生成用ツール(コマンドライン実行)を下記よりダウンロードできます。

Active Directory と Management Console との連携手順書

※このリンクはBasicユーザー向けです。Basic以外をご利用の方はBizRobo! PORTAL の製品>ドキュメントページよりご確認ください。
※BizRobo! PORTALのリソースを利用するにはアカウントが必要です。

注意:

Active Directory により MCの認証を管理することにより、ライセンス情報に含まれるKappZoneシートが有効になります。KappZoneシートのデフォルト値は10であり、これはMCに同時に接続できるユーザ数を示すもの接続した累積ユーザ数により制御されます。

また、このユーザ数の中には管理者ユーザも含まれるため、上記設定時には管理者ユーザ=1、一般ユーザ=9として設定をすることをお勧めします。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。