BizRobo! miniでのローカルDBの設定方法

フォローする

BizRobo! miniで、MySQLなどのエンタープライズ級のデータベースを利用する手順を説明します。

※このナレッジを読む上での注意事項

  • BizRobo! miniにおけるローカルDBの使用はサポート対象外となりますので予めご了承ください。
  • Microsoft SQL ServerおよびOracle DBを使用する際は本記事下部に注意事項があるので、必ず確認をお願いします。
  • 手順に進む前に、各ベンダー公式HPより、使用したいDBのJDBCドライバを事前に取得してください。

※JDBCドライバに関する注意事項

JDBCドライバのファイルが圧縮されている場合は解凍し、「.jar」ファイルを取り出してください。
取得するJDBCドライバはBizRobo! に内蔵されたJavaバージョンと同様のバージョンを選択して下さ
い。BizRobo! に内蔵されたJavaのバージョンはDSのメニューバーより「ヘルプ」>「製品について」
を選択し、表示されたダイアログの「Java 仮想マシン」項目内のバージョンを確認してください。
※参考記事
MCを独立したTomcat環境に構築する際のJavaバージョンの選定について

 mceclip0.png

手順

1.  「C:\Program Files\Kofax RPA {バージョン}\lib」 配下に、jdbcフォルダを新規作成する。
(既にフォルダが存在する場合は新規作成不要)

  mceclip1.png

2. jdbcフォルダ内に手順1で取得したJDBCドライバを格納する。
(画像はMicrosoft SQL ServerのJDBCドライバ)
  mceclip2.png

3. DSを開き、メニューバーから[設定]>[Design Studio設定]をクリックする。
  mceclip3.png

4. 「ローカルデータベース」タブを開く。

5. 「+」ボタンをクリックする。
  mceclip4.png

6. 必要項目に任意の値を設定する。
 (画像はタイプにMicrosoft SQL Serverを設定)

7. 「テスト接続」ボタンをクリックする。
  mceclip5.png

8. 「データベース接続テストに成功しました。」というポップアップが表示されることを確認し、「OK」ボタンをクリックする。
  mceclip6.png

9. 「Design Studio設定」ダイアログの「OK」ボタンをクリックする。
  mceclip7.png

10. メニューバーから[設定]>[Design Studio設定]を選択し、「Management Consoles」タブをクリックする。

11. 「JDBCドライバーを承認」のチェックボックスを外す。

12. 「OK」ボタンをクリックする。
  mceclip8.png


注意事項

■Microsoft SQL Server 設定時の注意事項

・Microsoft SQL Server では、TCP 1443番ポートで通信を行います。
・データベースの照合順序には、「SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS」を設定してください。
※参考記事
Tomcat環境でMicrosoft SQL Serverを使用した場合の設定について


■Oracle DB 設定時の注意事項

・デフォルトで下記フォルダにOracle DBのJDBCドライバ「ojdbc-6.jar」が格納されているため、このドライバに対応したデータベースを使用する場合には追加のJDBCドライバは不要です。
フォルダパス:C:\Program Files\Kofax RPA {Version}\lib\thirdparty

※参考記事
DBにOracleを使用する場合、JDBCドライバがデフォルトで配置されているため重複する
OracleDBを使用する場合に使用可能なjdbcドライバについて

・Oracle DBでは、TCP 1521番ポートで通信を行います。
・Oracle DB 12c R1以前のバージョンのみサポート対象となります。
・下記ファイル内のパラメータが未変更の場合、Oracle DBへのリモート接続ができない事が確認できております。
※Oracle DB側での設定となるため サポート対象外の内容 となります。

【Oracle DBのリモート接続許可設定】
設定変更ファイル:%ORACLE_HOME%\NETWORK\ADMIN\listener.ora

〇変更前

LISTENER =
 (DESCRIPTION_LIST =
  (DESCRIPTION =
   (ADDRESS = (PROTOCOL = IPC)(KEY = EXTPROC1521))
   (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = localhost)(PORT = 1521))
  )
 )

〇変更後

LISTENER =
 (DESCRIPTION_LIST =
  (DESCRIPTION =
   (ADDRESS = (PROTOCOL = IPC)(KEY = EXTPROC1521))
   (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = {DBサーバホスト名})(PORT = 1521))
  )
 )

※参考記事
Tomcat環境でOracle Databaseを使用した場合の設定

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。